メニュー

スポーツ整形 & アスレティックリハビリ

アスリートの場合には、一般の患者様と治療方法・計画が異なる場合があります。

ケガの種類だけでなく、選手の状況に応じた治療を行います。

ケガの部位だけでなくトータルパフォーマンスを考慮し、全身の評価治療を心がけます。

試合復帰まで、最終目標までサポートいたします。

試合・合宿などのスケジュールを可能な限り考慮して、検査・治療計画を立てていきます。

一般の患者さんの場合にはギプスで固定して治す骨折でも、アスリートの場合には

速やかに手術を行って可能な限り早い復帰を目指すこともあります。

また、例えば、足首を強く捻挫して靱帯断裂で来院した場合。通常ならば靱帯が一番

良く治り、かつ後で困ることがないように、治療方針を立てて患者様に提示します。

一方、とにかく早期復帰を一番の目標に行いたいというはっきりとした希望がある場合

には、靱帯がゆるくなったままになったとしても、痛みをとにかく取ることを最優先に、

治療計画を立てる場合もあります。(もちろんその場合には、代償として二次的な障

害発生のリスクを背負うことを十分に理解していただく必要がありますが。)

治療のスタンダードが至上ではなく、本人や、監督、チーム事情、トレーナーの

希望などよく話し合ったうえで、治療方針や復帰時期を決定することも行います。

一方まったく逆の場合もあります。特にジュニア選手の場合には、痛み止めを打って

試合を続けたいなどという本人や親の希望を受け付けず、将来のことも十分考慮して、

強くスポーツ活動の休止をお勧めし説得することもあります。

手術が必要な場合には連携先の大学病院・基幹病院で行います。

基幹病院などで手術をした患者様で、手術を受けた病院で通院リハビリが十分に行えて

いない場合にもB&Jクリニックをお使いください。また、地方で手術した後、

東京の大学に進学された学生アスリートの方もご相談ください。日常生活レベルで終わり

ではなく、希望のパフォーマンスレベルまで回復できるようにメディカルリハビリテーション→

アスレティックリハビリテーションと行っていただき、B&Jクリニックが試合復帰までサポートします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME