メニュー

【当院の新型コロナウイルス感染症対策について】

今後も患者様に安心してご来院いただけますよう、以下の対策を継続させていただきます。

  • リハビリは、ベッドやマットの間隔を広げ、リハビリルーム内で同時に行う人数を通常時より少なく調整して行います。
  • 待合室は間隔をあけてお座りいただいております。
  • スタッフは全員出勤前の検温、体調確認を行なっております。
  • 院内は消毒液にて清掃し、また換気を強化しております。
  • 患者様におかれましては、体調確認、体温測定、手指消毒にご協力いただいております。
    (※発熱感冒症状のある患者様には診療をご遠慮いただく場合がございます。)

お薬について(電話再診について)

慢性疾患等有する患者様の場合、「いつも処方されているお薬」を電話再診にて処方できる場合があります。ご希望の方は診療時間内にお電話ください。電話再診についてはこちらをご覧ください。

B&Jクリニックお茶の水
院長 洞口 敬

お知らせ

午後・夜間診療時間変更のご案内 [2021.06.15更新]
2021年7月1日より、午後・夜間診療の時間が変更となります。 診療時間 14:30~19:30 (初診 18:30まで) リハビリ 午後開...
続きはこちら
7月16日(金)診療代診のお知らせ [2021.05.21更新]
7月16日(金)洞口医師の診療は代診の医師による診療となります。 患者様にはご不便お掛け致しますが、ご理解の程宜しくお願い致します。...
続きはこちら
医師の診療日程変更のお知らせ(2021年4月より) [2021.02.25更新]
2021年4月1日より診療日程に大幅な変更がございます。 変更後の日程は下記となります。   月曜日→洞口医師(終日診療) 火曜日...
続きはこちら
本田院長退職のお知らせ [2021.02.25更新]
本田篤司院長が2021年3月末日で、クリニックを退職する事となりました。 後任の医師へ責任をもって引継ぎを行ってまいりますのでご安心ください...
続きはこちら
【お薬について(電話再診について)】 [2020.04.10更新]
慢性疾患等有する患者様の場合、「いつも処方されているお薬」を電話再診にて処方できる場合があります。ご希望の方は診療時間内にお電話ください。...
続きはこちら
新型コロナウイルス感染症の院内感染対策について [2020.03.17更新]
現在、国内において新型コロナウイルス感染症の流行が報告されています。 来院前に必ず体温測定をして頂き、37.5℃以上の発熱または、咳などの風...
続きはこちら
当院における新型コロナウイルス対策について [2020.03.02更新]
①B&Jクリニックのリハビリテーションルームは、従来より24時間換気装置が稼働しており、十分な換気を行っております。 ②さらに、一定...
続きはこちら
予約システム変更のお知らせ [2019.10.30更新]
①インターネットから診察の予約が可能となりました。 初診、再診問わず、24時間いつでもインターネットからご予約をお取りいただけます。 リハビ...
続きはこちら
初診の患者様へ [2019.07.05更新]
B&Jクリニックの診療は予約制としておりますが、急なケガにも対応するため、完全予約制のシステムは採用しておりません。そのため、特に初...
続きはこちら
PRP療法の開始について [2019.05.23更新]
PRP療法を開始いたします。 詳しくは、保険外診療ーPRP療法のページをご覧ください。...
続きはこちら

4つの特徴

スポーツ整形

アスリート向けの整形外科治療を得意としております。スポーツ整形外科ではスポーツによる外傷や障害の治療を選手の状況に応じて 最適な治療方法で早期に症状を改善させることを目指します。

一般整形外科

一般の整形外科治療や高齢者の運動器(骨、軟骨、筋、靭帯、神経など)の傷害に対してもスポーツ医学から得られた治療技術とノウハウを応用し日常生活の痛みに対して治療をします。

リハビリテーション

理学療法士によるリハビリテーションに力を入れております。個々の症状に応じて運動療法や物理療法(電気治療)を行います。また、運動指導によりケガや障害からの回復だけでなく、早期のスポーツ復帰、社会活動への復帰を目指します。

夜間外来

学童・学生アスリートも学校、部活等を休むことなく受診できるように夜間外来を設置しています。

B&Jクリニックの2つの診療の柱

B&Jクリニックの診療には、アスリートのスポーツ復帰と中・高齢者のQOL改善の2つの柱があります。

アスリートの治療の特徴として、手術的治療法よりもリハビリテーションを含む保存用法やコンディショニングによる治療選択の方が多いということがあります。したがってB&Jクリニックでは理学療法士やトレーナーによる運動器リハビリテーションによる治療に力を入れております。痛みの原因が関節の動きや、筋肉の硬さや、筋力のアンバランスによるものであれば理学療法、ストレッチ、筋力強化、動作指導などを行い改善させます。他の施設で手術が必要と判断された方が、リハビリだけで改善することも少なくありません。もちろん残念ながら手術が必要なケガや状態になっている患者様に対しては、B&Jクリニックのドクターが提携先の病院で手術を行うことも可能ですし、患者様の希望の病院への紹介もスムーズに行います。

また、B&Jクリニックでは、一般の整形外科治療や高齢者の運動器の傷害に対してもスポーツ医学から得られた高い治療技術とノウハウを応用します。スポーツ選手以外の膝関節、肩関節、足関節、肘関節に障害を抱える全ての患者様を治療対象とし、皆様が元通りの活動に復帰できるようにお手伝いさせていただきます。

B&Jクリニックのサービス

  • スポーツ整形外科/リハビリテーションに力を入れています。
  • 運動器に特化したリハビリテーションを提供します。
  • 整形外科全般に対応します。(高齢者の膝、肩の障害など)
  • 他院で受けた手術後のリハビリテーションに対応します。
  • 学童・学生アスリートも受診できるように夜間外来を設置しています。
  • 手術が必要な場合、B&Jクリニックのドクターが執刀することができます。
  • 大学病院/基幹病院への紹介を仲介いたします。(紹介状の作成など)

診療可能な疾患

膝・下腿

半月板損傷、前十字靱帯損傷、後十字靭帯損傷、内側側副靭帯損傷、離断性骨軟骨炎、反復性膝蓋骨脱臼(膝蓋骨不安定症)、棚障害、関節遊離体、ジャンパー膝、オスグット病、腸脛靭帯炎、裂離骨折、変形性膝関節症(初期~中期・TKA術後)、シンスプリント

投球障害肩、肩関節脱臼、腱板断裂、五十肩、肩鎖関節脱臼、肩関節不安定症、SLAP損傷、インピンジメント症候群、胸部出口症候群

野球肘(離断性骨軟骨炎、内側側副靭帯損傷、関節内遊離体、関節ネズミ)、変形性肘関節症(投球系・格闘技系)肘部管症候群、肘関節脱臼、内側側副靭帯断裂、後外側回旋不安定症

足・足関節

足関節捻挫、足関節靱帯損傷、腓骨筋腱脱臼、アキレス腱断裂、有痛性三角骨、距骨離断性骨軟骨炎、第五中足骨疲労骨折(Jones骨折)、偏平足、足底腱膜炎

股関節

関節唇損傷、グローイングペイン症候群(スポーツヘルニア)、変形性股関節症、関節内遊離体、坐骨疲労骨折、下前腸骨棘裂離骨折

腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニア、椎間板変性症、筋膜性腰痛症、画像に異常のない腰痛

手・指

TFCC(三角線維軟骨)損傷、ボクサー骨折、スキーヤーズ親指、舟状骨骨折、有鉤骨骨折、月状骨周囲脱臼、ばね指

下腿

シンスプリント、疲労骨折

交通案内

クリックしてGoogleMapを表示

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-47 廣瀬お茶の水ビル5F
JR 御茶ノ水駅から徒歩4分

都内の主な体育施設からのアクセス

map

診療受付時間

初めての患者様の受付終了時間は各診療時間帯終了時間30分前です。
※夜間外来受診の患者様
 クリニックの夜間外来は、救急外来としての対応は出来かねますので、ご注意下さい。
 大学病院や基幹病院の救急外来を受診される様にお願い致します。
 順天堂大学病院、日本大学病院、東京医科歯科大学病院、三楽病院に夜間救急外来がございます。

休診日 土曜・日曜・祝日

紹介先・提携病院

近隣の大学病院・基幹病院

日本大学病院 東京医科歯科大学付属病院 順天堂大学順天堂医院 さいたま県立小児医療センターなど。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME